創造屋(つくりや)blog
兵庫県明石市で店舗・住宅の設計施工をしております有限会社エヌズカンパニーです。2012年7月以降の情報は新サイトにて掲載しております。「ナカムラアソシエイツ」で検索、又は下記リンクからお願いします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガルバリウム鋼板
7月23日

めっきり暑くなりました今日この頃。

最近は、自分の腕の黒さが目立つようになってきました・・・。


今日は少し設計事務所らしく!!。

屋根材のお話です

当社施工物件ではよく 屋根にガルバリウム鋼板を使っています。

このガルバリウム鋼板とは、アルミと亜鉛で鉄を守ることにより生まれた耐久性に優れた鋼板なんです!。
組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなっていて、建築業界では”ガルバ”と略されて呼ばれています

アメリカで1972年に開発された新しい金属素材だったのですがもう30年以上の歴史がありますね!。

皆さんには”トタン??”と懸念されがちですが、トタンは亜鉛鉄板(Z27)や溶融亜鉛めっき鋼板と類し、ガルバはアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板といいます(少しややこしいですね(全く別物という事です))、
で、性能としてトタンより 約3~6倍の耐久性が期待出来るすぐれたお方なのです

後は、
①軽い  屋根材は地震時を考えると、軽いほうが有利
          (神戸の震災後、導入率が高くなりましたね)
          平板スレートの1/3の軽さ。瓦に対しては1/8の軽
さです。

②線膨張係数が優れている 
       (熱でも材料の伸び縮みが小さい)
        350℃程度の熱でも、長時間使用してもほとんど変化ナシ。
        さらに!鋼板のなかでも熱伝導率が低い(熱が伝わ
りにくい)。

②環境にやさしい
       CO2の排出量が少ない!!
       粘土瓦は製造過程で大量のエネルギーを消費、
       彩色成型セメント板はCO2 排出量が瓦の倍以上と
言われています。


などなど、褒めてばかりですね。
では、皆さんが懸念する点。

「鋼板だから、すぐ熱くなるんじゃぁないの??」
    
確かに熱は持ちます(でもコレはどの材料も同じですよね)。
今は建物の断熱材も優れてきており、発砲系の断熱をしっかり施工することで
随分軽減、緩和されます。(もちろん当社でも発砲系の断熱材を使ってます)。
  
最近出た「遮熱鋼板」などは塗装ガルバリウム鋼板の表面塗膜に特殊顔料を使用し、太陽熱(赤外線)を反射させる商品も出ています。もちろん、通常のガルバでシルバー系色にするだけでも熱を反射させる効果はですよ!。

それからそれから?

「鉄だから サビるでしょぉ???」

金属が錆びるのは当たり前ですが、
通常の鋼板はステンレスやアルミに比較すると錆びやすいです。
ただ塗装技術が向上し、以前に比べてずいぶんサビには強くなってきています。                

施工時の細かなキズもありますが表面的なキズは耐久性にはあまり影響はないです。
でもやっぱり下地金属が見えるキズは塗料でタッチアップの必要がありますね。


あと、最後にこれ!

ガルバリウム鋼板には「自己修復作用」がある!!

ガルバリウムの成分でもある亜鉛は、自ら溶け出して鉄板を錆から守る犠牲防食作用をもっています。で、ガルバのめっき層では、まずアルミニウムが凝固して、亜鉛はその層間に結晶して、結晶断面を形成してくれます。
するとこの結晶組織では、長期経過後、亜鉛が溶け出したその部分に微細で凝集性のあるアルミニウムの酸化生成物が充填されて 自分を保護する事が出来るのです!!。

スゴイですね、ガルバさん
こういった理由で、屋根材を迷われてるお客様にはガルバリウム鋼板をおススメしたりしてます。

もちろん、今日は色々と比較もしましたが、瓦やスレートにも もっと優れている点もたくさんありますからね!!。

お客様のご要望と、建物の用途、デザイン、環境などナド、
その時折に似合ったモノをこれからもおススメしていきたいと思います。



ただやっぱり一つ言えるのは、コロニアルにしろ、瓦にしろ、ガルバリウム鋼板屋根材にしろ定期的なメンテナンスは欠かせません。
どんなに耐久性があるといわれている物でも定期的なメンテナンスを心がけましょう!


ですね~!!!



ちなみに今年架け替えられた阪神甲子園球場の4代目銀傘もガルバリウム鋼板製なんですょぉ。


・国土交通大臣認定 NM-8697(不燃材料)
・JIS G 3321
もちろん認定取れてます。



 


      






























スポンサーサイト
リサイクル&リリース

私事ですが、
先日、自宅の草刈機が壊れて、買うのとそんなに変わらない値段で修理に出したんです。

新しいものを買えば良かったかな??と、もやっと感ありありでしたが、実際戻ってきて
今日使ってみたら・・・すごく良いんです
壊れる前(買ったとき)よりもスムーズに切れ味抜群になっていました

草刈機とはいえ、使っていた分だけ愛着もありましたし、これは修理にだす値打ちがあったなあと大満足


何でも使い捨ての世の中。

日課の海の散歩でも、ペットボトルのゴミだらけ
便利だけど、無駄なもの・・・ほんとに紙一重だとおもいます。

話は飛んでしまいましたが、要は一人ひとりが物を大事に、大切にしていけばゴミも減り、
環境も少しづつ良くなって行くのではないでしょうか?

当社では、余った建築材料(木材や、タイル、生地など・・)を無料で提供していますので、リサイクル&リリース
何かにお役立てください






左官ミュージアム
淡路の有名左官職人の久住さんご存知の方もおられるかとおもいますが、
その方が兵庫県篠山市で地元の左官職人さん達と技術を伝承していくために、左官ミュージアムを建設されていると聞き、昨日行って来ました

sakan1.jpg
ハート型をモチーフにしたとっても可愛い建物でした
sakan2.jpg
sakan3.jpg

『ばんちく』とゆう手法で今ではできる職人さんが少なくなってきてるそうです

こんなお花模様の床だと毎日癒されそう

素敵なアイデアが詰まっていて、新しい発見がいっぱい


当社の、特に店舗などは、独創的なデザインが多く、職人泣かせだといわれますが、
ほんとうに良いものを作りたいとゆう職人さんばかりのなので多少
大変でも最終的には満足のいく素敵なものにできあがってます。

日本が誇る職人の技がこれからも途絶えることなく残っていき、益々パワーアップしていければ
良いなあと感慨深い一日でした





!!!。
7月 3日 (FRI)

あれれれれれれれ!!!

蟻が~っ!!!。


090703_1233~01



まりも君達ピンチ!!!090703_1230~01


次回に続く・・・
copyright © 2005 創造屋(つくりや)blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。